自分もそうなのですが、酒を飲み交わしている友達も相当の非モテ男です。
こいつが恋人作ったなんて見たことがありませんからね。
お互いに非モテ同士で、よくつるんでは酒を飲んで愚痴を言っていたぐらいなんです。
そんな男が、通話しながらオナニーを楽しんでいると言う事が分かって驚きました。
同じぐらいのラインにいたと思ったのに、すっかりとリードされてしまっている事が分かってビックリです。
「おまえにテレセする相手がいるの?それ本当なのか(笑)」
やはりどこか信用できない部分があったから、聞き返してしまいました。
でも彼は自信タップリで「顔が見えない世界だから、非モテな俺でも作れちゃうんだよ」と豪語してきたのでした。
彼は定期的な相手を探すことができて、頻繁にオナ電をして快楽を得ていると話てくるのです。
そんなに美味しい思いをしているなんて、隅に置けないって思っちゃいました。
「最初はさ、チャットオナニーレベルで楽しんでいたんだけど、話が盛り上がると通話になっちゃってね、それでお互いに会話しながら気持ちよくなる関係作っちゃってさ」
彼はその関係の素晴らしさを、克明に伝えてくるのですからたまったものではありません。
「相手にもよるけどさぁ、オナニーの見せ合いまでできちゃうような子もいるぜ」
「なんですと!」
お互いにオナニーをしている姿を見せ合う、テレビ電話を使えば楽勝でできてしまう事なのですが、そんな相手までいるようでした。
彼の話を聞くと、たまらなく相手探しを成功させなければって気持ちになっちゃっていました。

こいつはいったいどうやって相手を探したのか?それを細かく聞き出さなければって感じで質問していきました。
そうしたら「無料のサービスではなく、有料になるけど出会い系がいいね」ときっぱりと言ってきたのでした。

 

定番サイト登録無料
オナ友募集サイトBEST5
オナ指示を希望する女の子を見つけるなら